配偶者ビザ

日本人の配偶者等ビザの認定、変更、更新許可申請

アルファサポートの基本料金は、全国平均の20%OFF

日本行政書士会連合会という組織が5年おきに全国の行政書士に報酬額の統計

調査を行っています。

最新の平成27年度調査によれば、在留資格認定証明書交付申請(居住資格)

全国平均報酬額は11万0271円です。

 

アルファサポートの基本料金(9万円)はこの全国平均値の約8割

およそ20%OFFの価格を実現しています。

ビザ専門であるからこその品質確保と効率性。また弊社オフィスの家賃などを

徹底的に節約してコストの削減に取り組んでいるからこそ実現できる料金設定

です。

在留資格認定証明書交付申請の基本料金を15万円に設定されている事務所さ

んも多いなか、ぜひ賢い選択をしてください。

あんしんの“不許可返金制度“

アルファサポート行政書士事務所は、不許可返金制度を採用しています。

万が一申請が不許可となった場合には、報酬の全額(実費を除く)をご返金するか、

再申請を追加料金のお支払いなく弊事務所が行うか、いずれかを選択していただき

ます。後述のように一部、不許可返金制度が不適用の申請がございます。

配偶者ビザ

料金

在留資格認定証明書交付申請 :海外にいる配偶者をはじめて日本に呼ぶ場合

弊社報酬 万円+消費税    ※実費が必要な場合は別途ご案内いたします。

困難案件の加算金

過去にご自身や他の行政書士が申請をして不許可となった案件  +5万円

法令で入国が禁止されている期間内の申請           +5万円

過去に法令違反歴(不法滞在、退去強制、犯罪など)がある   +2万円

在留資格変更許可申請:日本に短期または長期間滞在している配偶者の配偶者ビザへの変更

弊社報酬 9万円+消費税  ※許可時には入管へ支払う印紙代4000円が別途必要です。    

困難/至急案件の加算金

過去にご自身や他の行政書士が申請をして不許可となった案件  +5万円

出国準備のための特定活動ビザからの変更           +2万円

在留期限が残り10営業日となってからの申請                           +2万円

在留資格更新許可申請:すでに在留資格「日本人の配偶者等」をお持ちの方の更新手続き

再婚後はじめての在留期間更新

弊社報酬 9万円+消費税  ※許可時には入管へ支払う印紙代4000円が別途必要です。

 

2回目以降の在留資格「日本人の配偶者等」更新

 弊社報酬 3万5000円+消費税

 

 ※通常は、上記料金にて承っておりますが、別居されているとか、収入がダウンされたとか、更新許可に際してカバーしなければならないマイナスのご事情がある場合には、料金が加算されることがあります。